こんにちは、郡司守です。

この梅雨の時期になると、高校時代の
部活を思い出します。


野球部だったのですが、甲子園の予選が
始まる直前の時期になり、最終調整の
時期です。

怪我をしないように、無理な練習はせずに
体調や怪我に気をつける時期なんです。

それなのに、グンジは肩を痛めて、やっと
ボールを投げられる状態でした。

鍼治療で少しずつ良くなっていたのですが
完全に治ることがなく、一番調子の良い
状態の7割位で、最後の大会を
迎えました。

結果は、3回戦にまで進みましtが、一度も
試合に出ることなく3年間の高校野球が
終わりました。

急にハードなトレーニングや無理をする
必要のない場面で無理をしてしまった結果
肩を壊してしまったのです。

今考えると、動けるし、無理できるし、
全然大丈夫と甘い考えをしていたと
思います。

だからこそ、今は無理はぜずに、
コツコツと淡々と続けることが重要だなと
思うようになりました。

コツコツとやっているので無理もしません

たまに、無理な運動して腰を痛めました笑

「同じことをしていて飽きませんか?」と
以前のグンジなら思っていました。

今は、毎日同じことをしているように
見えるけど、毎日ほんの少しの違いを
感じることができるようになりました。

こういった小さな違いに気づくことが、
自分を成長させてくれると実感してます。

今日の質問
経験から学んだことは、
どんなことですか?