こんにちは、郡司守です。

個別のコンサルティングをしていると、その企業の歴史や特徴を聞かせていただきながら、どんな物語があるのかを教えていただきます。

長年経営しているからこそ、そこには、そこにはたくさんの宝物が隠れているのですね。

しかし、宝物が目の前にあっても、今を見ている、今、この瞬間を一生懸命取り組んでいるからこそ、見えなくなってしまうこともあるのですね。

業種は一緒でも、何十年も会社をしていると業態が変わり、進化していく過程を教えてもらい、柔軟に変化できるから、何十年も経営してこれるんだなーと思いました。

そんな、長い歴史のある企業でも、悩みはあります。

「新規客を集客するのにはどうすれば良いのか?」

「新規客を集客するのにはどうすれば良いのか?」

よくある悩みですが、長年変化しながら経営してきたからこそ、顧客の創造をしなくてはいけないと感じているのです。

実は、すでに、お客さんがいる会社にとっては、新規客を集客することは、それほど難しいことではありません。

しかし、新規客を集客するには、コストがかかるのも事実です。

なぜなら、お客さんがいるということは、新規客を集客した経験があるということでもあります

既存客への質問で集客のヒントがでてくる

だから、すでにお客さんになっている方に、「どうしてうちのお客さんになったのか?」ということを聞けばいいだけです。

もっと詳しく聞こうと思えば、

  • 「何でうちのことをしったの?」
  • 「うちのどこが良くて来てくれるの?」
  • 「うちにきてみてどうたった?」

なんていうことを聞くだけでも、新規客を開拓するヒントがたくさん出てきます。

教えてもらうコツ

ただし、聞く時には一般的な答えを聞いては行けません。その人が思っていることを聞かなくてはいけないですよ!

そして、より具体的に教えてもらうのがコツです。

会話の仕方が変わるだけで、集客も変わってきます。

私のクライアントでエステサロンの店長さんは、数ヶ月集客が少なかったフリーペーパーの広告をやめようと思っていました。

しかし、お客様との会話を参考に広告を作り直したら、集客が3倍になり、成約率も2倍に変わったのです。

「こんな簡単なことでいいんですね」と言うくらい簡単なんです。