相手に伝わるプレゼンの話し方

相手に伝わるプレゼンやセミナーの話し方で、大切なのは承認

グンジです。全国各地でセミナー講師やオンラインサロンなどをしています。

人前で話すと緊張して、うまく話せないです。

プレゼンのとき、相手に伝わっているか不安

プレゼンが苦手です

コロナ過ではありますが、グンジは、また人前で話す機会が増えてきました。
もしかしたら、人前で多くなっているかもしれません。
とはいえ、
  • 話す内容も、話す練習もしたのに緊張して、上手く話せない
  • なんとなくできてる気はするけど伝わっているのか・・・
  • 人前で、プレゼンしたり、話したりするのが苦手です。
という方は特に読んでください。
また、「人前で話すのも上手く出来る」という方は、参考にしてもらえると嬉しいです。
では、「人前で話す極意」をおつたえします。

「人前で話す極意」とは、聞いている人から承認を取る!

チェック
結論をいってしまえば、
「本題を話す前に、聞いている人から承認を取る。」
たったこれだけです。
なんかかっこよく、難しく書いていますが、要するに、「自分が話したいことを話す前に、聞いている人に確認をとってから話しましょう」ってことです。
言っていることは、めちゃめちゃ簡単です。
例えば、グンジであれば、
「テレワークフル活用術」というセミナーをする場合の説明をします。
1.挨拶
  こんにちは、今日講師をするグンジです。
2.アイスブレイク
  グッド&ニュー
3.テーマを言う
  今日は、「テレワークフル活用術」のセミナーをします。
4.質問
  皆さんは、「テレワーク」って聞くとどんなイメージ持ってますか?
5.承認
  今日お話するテレワーク活用術でお話するのか3つのポイントがあります。
  1.〜
  2.〜
  3.〜
  この3つのポイントでお話します。
  よろしいでしょうか?
参加者が「うん」とうなずいたら、本題を話し始めます。
たったこれだけで、大丈夫です。

セミナーの最初の20%をしっかりと構築することで、全体の80%が決まる

パレートの法則
正直、このあとどんな話をしても80%上手くいきます。(かなり言いすぎですがイメージはそんな感じ)
要するに、セミナーの最初の20%をしっかりと構築することで、全体の80%が決まります。
パレートの法則ですね。
多くの方が、プレゼンやセミナーや人前で話すときにやってしまうのが、「上手く話さなくてはいけない」とおもっていることです。
正直、上手く話す必要などありません。
グンジは、人前でうまく話せません。

セミナーやプレゼンなどこれから話す内容とポイントを知ってもらい承認してもらう

コンテンツ
これから、話す内容とポイントを知ってもらい、承認してもらうことだけです。
グンジのセミナーは、最初の20%に集中して話をしています。
だから、もし、承認してもらえない方がいたら、承認してもらえる内容を話して、もう一度、確認して、承認してもらってから、本題に入ります。
ここがしっかりできれば、安心して話をしてもらって大丈夫です。

まとめ:「人前で話す極意」とは、聞いている人から承認を取る!

セミナーやプレゼンなど人前で話す時に大切なのは、聞いている人に、これから話す内容を確認してもらい、納得してから話を聞いてもらうことです。

自分勝手に話をするのではなく、聞いている人に納得してもらってから話をしてください。

 

小さな変化をコツコツとやって数年後には、「あれ、なんか変わってる」と感じられるメルマガです。無料ですし、いつでも解除できます。

「小さく変化しビジネスが3%うまくいくヒント」メルマガ